Blog&column
ブログ・コラム

チアダンスの歴史について

query_builder 2022/04/08
コラム
31
チアダンスは最近子どもの習い事として広く知られるようになりましたが、実は古い歴史があるんです。
では、チアダンスはいつから始まったのでしょうか。
今回は、チアダンスの歴史について解説していきます。

チアダンスの歴史
チアダンスの名前の由来
チアダンスは、元々チアダンスと呼ばれていたわけではありません。
そもそもチアダンスは「チアリーディング」から派生したスポーツで、「ダンスドリル」や「ソングリーディング」と呼ばれていました。
そして、チアダンスで有名な玉川大学のダンスドリルチーム部の創部者が「チアダンス」という名前を付けたのです。
チアダンスの「チア」は応援するという意味があり、スポーツ会場などを盛り上げたり応援するためのダンスとして広まりました。
また、海外ではチアダンスのことを「ポンダンス」と呼んでいます。

チアダンスの始まり
先述した通り、チアダンスはチアリーディングから派生したスポーツです。
現在は女性のスポーツとして知られていますが、元々は男子学生による応援形式でした。
このチアリーディングが始まったのが約100年前で、日本でチアダンスというスポーツが生まれたのは約30年前と意外と最近なのです。
チアダンスでは、ポンポンやアムモーション・旗などの小道具が用いられています。

▼まとめ
チアダンスは、チアリーディングから派生したスポーツです。
元々男子学生による応援形式として約100年前に誕生しましたが、最近になって女性のスポーツとして確立されました。
チアダンスは子どもの習い事として人気で、当スクールにも幼児から小学生まで幅広い年齢のお子さんが通っています。
立川でダンス教室をお探しの方は、ぜひ体験にお越しください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE